ブリヂストン美術館は、ただいま長期休館中です。

新着情報

札幌で開催中の「ブリヂストン美術館展-石橋財団コレクションの精華」、
来館者が3万人を突破しました!

2018.05.15
4月21日より札幌でスタートした「ブリヂストン美術館展-石橋財団コレクションの精華」。展覧会は北海道立近代美術館と三岸好太郎美術館の2会場で開催中です。ゴールデンウィーク中は、1,000~2000人/日を超えるお客様で賑わい、早くも5月11日に来館者は3万人を突破しました。
第一会場の近代美術館では、コロー、マネなど印象派以前の作品から、モネ、ルノワール、セザンヌ、ピカソらの20世紀美術まで、西洋絵画の代表的な作品が展示されています。それに加え、藤島武二、青木繁の重要文化財4作品の特別展示室も設けられ、本展のみどころの一つとなっています。
新築工事中のブリヂストン美術館外観(2018年4月末)
5階展示室フロアの工事風景
1階からカフェを臨む風景
カフェの完成予想図パース
第二会場である三岸好太郎美術館では、三岸のアトリエの雰囲気をもとに設計された開放感のある展示室に、浅井忠、岸田劉生、佐伯祐三、藤田嗣治など、明治から昭和にかけての日本近代洋画が展示されています。最後には美術館が収蔵する三岸好太郎の作品展示へと続き、近代洋画の流れをたどることができます。
2階ミュージアムショップの工事風景
ミュージアムショップの完成予想図パース
これからの北海道は、過ごしやすく、ライラックの花が美しく咲き誇るベストシーズンを迎えます。展覧会は6月24日まで開催中ですので、ブリヂストン美術館の選りすぐりの名品に会いに、ぜひ札幌へ足をお運び下さい。(A.K)