ブリヂストン美術館は、ただいま長期休館中です。

教育普及活動のご紹介

ARCワークショップ「モザイクを楽しもう−■(しかく)を並べて−」

開催日:2018.08.25(土)

8月25日、石橋財団アートリサーチセンター(ARC)にて第8回ワークショップを開催しました。講師は、小学校の図工教諭としてブリヂストン美術館に20年以上にわたり6年生と一緒に見学に来てくださっていた関 恵子先生。この日のために、《牧神頭部》(1世紀、ローマ)にちなんだワークショップを企画していただきました。
はじめに、古代から今に続くモザイクという技法で作られた国内外の作例や都内で見られるモザイクの建築装飾をご紹介。
続いて、30色の陶磁器タイルから好きな色を選んでモザイクの飾り台をつくりました。色鮮やかな小さなタイルは、見ているだけでもワクワクした気持ちになります。大人も子どもも色や形の組み合わせを悩みながら、そして楽しみながら、じっくり制作しました。
終了後には「時間が足りなかった」「夜までやりたい」「もっと大きな作品も作ってみたい」「モザイクが好きになりました」などの感想も聞かれ、2000年前の人々の生活も思い起こしながら素敵な2018年のモザイクが完成しました!

ARCでのラーニングプログラムについてはこちら