ブリヂストン美術館は、ただいま長期休館中です。

教育普及活動のご紹介

ARCレクチャーレポート「武蔵野の地をえがいてみると」

開催日:2017.08.05(土)

8月5日にARCレクチャーを開催しました。第2回目となる今回は、当館学芸員の平間より、コレクションの古美術部門から江戸時代にえがかれた屏風である《武蔵野図屏風》についてお話しました。関連作品との比較、伊勢物語や和歌など文学との繋がりから、えがき表された「武蔵野」のイメージを辿り、当館所蔵の《武蔵野図屏風》の特徴についてご紹介しました。また、この屏風の修復時に中から見出された資料の写真もご覧いただきました。細部を拡大して、えがかれているものを一部ずつ見つめていくと、会場からも感嘆や感想の声が漏れ聞こえてくる様子が印象的でした。
なお、《武蔵野図屏風》は、現在、久留米市美術館で開催中の「じっと見る ブリヂストン美術館収蔵作品より」展の後期展示(9月28日(木)より)に出品されます。機会がありましたら、ぜひ足をお運びください。

久留米市美術館公式ホームページはこちら

ARCでのラーニングプログラムについてはこちら