ブリヂストン美術館は、ただいま長期休館中です。

ラーニングプログラムのご紹介

ブリヂストン美術館のラーニングプログラムについて

当館のラーニングプログラム(教育普及)の第一の柱は、1952年の開館の翌⽉より半世紀以上続いてきた美術講座「⼟曜講座」です。各界の専門家をお迎えし、土曜の午後2時から開講するこの講座は、2015年年の休館までに2318回を数えました。これに加えて、学芸員が展覧会や当館のコレクションをご紹介する「ギャラリートーク」。小学生のいるご家族で参加していただき、クイズやゲームをしながら美術館に親しんでいただく「ファミリープログラム」。学校団体を対象とした「スクールプログラム」。また、次世代の美術館員養成のための「インターンシップ」など。展⽰活動に併⾏する多彩な活動に取り組んできました。

ラーニングプログラムのご紹介 ラーニングプログラムのご紹介
休館中のラーニングプログラム

休館中のラーニングプログラムのお知らせ

現在建替え工事のため長期休館しておりますが、学校の教室などで当館の所蔵作品をとおして美術に親しんでいただく「アウトリーチ」(出張授業)を行っています。鑑賞の授業や部活動など、学芸員への派遣依頼がありましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ、ご相談ください。

その他、2017年4⽉より⽯橋財団アートリサーチセンター(町田市)でも、さまざまなラーニングプログラムを実施しています。
詳しくはこちら

ラーニングプログラム関連のお問い合わせ

Email:supporteducation@bridgestone-museum.gr.jp
TEL:03 3563 0241  FAX:03 3561 2130

活動事例 | アウトリーチ(出張授業)の様子をご紹介します。