東日本大震災にて被災されました方々に心からお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈り申し上げます。

次回の展覧会

テーマ展

描かれたチャイナドレス─藤島武二から梅原龍三郎まで

2014年4月26日(土)〜2014年7月21日(月)

描かれたチャイナドレス─藤島武二から梅原龍三郎まで

中国は、古代から近世にいたるまで、つねに日本をリードしてきたアジアの先進国でした。その日本は、明治維新以降、ヨーロッパに目を向け始めます。しかしそれでもなお、日本人の心から中国への憧憬や愛着をぬぐい去ることはできませんでした。
大正時代、日本で中国趣味がわきおこります。芥川龍之介や谷崎潤一郎らが中国をテーマにした小説を次々に発表します。同じように、美術でも中国ブームがあらわれました。油彩画の世界では、藤島武二が中国服を着た女性像を描き始めます。ツーリズムの発達によって渡航しやすくなったことから、児島虎次郎や三岸好太郎、藤田嗣治、梅原龍三郎らは、中国を実際に訪れて題材を見つけました。一方、興味深いことに、藤島や岸田劉生、安井曾太郎らは、日本にいて、日本女性に中国服を着せて描きます。そこには、ヨーロッパから学んだ油彩技法を用いて、日本人が描くべき題材を求め、東西文化の融合をめざした到達点の一つを見ることができます。
このテーマ展示は、1910年代から40年代にかけて日本人洋画家が描いた中国服の女性像約30点で構成されます。成熟していく日本洋画の展開をお楽しみください。

藤島武二《女の横顔》1927年 ポーラ美術館蔵

pickup!

お知らせ

2014.4.14
ホームページのデザインとエントランスバナーが変わりました!
2014.4.12
「画家の目、彫刻家の手」展は明日終了です!
2014.4.11
「チャイナドレス割引」のお知らせ
2014.4.10
明日(4/11)は20時まで開館いたします。
2014.4.10
ティーチャーズプログラム「教材としての美術館2014春」開催のお知らせ

美術館ブログ

土曜講座「花を愛でる、花を語る」の第5回目を開催しました。2014.4.17


土曜講座「花を愛でる、花を語る」の第5回目は南雄介氏(国立新美術館副館長)による「モネ「睡蓮」連作と20世紀美術」でした。 1926年まで生きたモネが晩年手がけた「睡蓮」の連作について確認されたのち、モネ「睡蓮」連作と2・・・

img_20140413_03.jpg

ブリヂストン美術館のコレクション

ブリヂストン美術館のコレクションをオンラインでご覧いただけます。珠玉の作品をお楽しみください。

土曜講座

地中海学会春期連続講演会「地中海世界を生きるⅡ」

2014年4月26日(土) - 2014年5月24日(土) 14:00〜16:00 全5回

地中海世界の魅力は、地中海世界という空間と歴史のなかで、自身の地位や職業を通して、さまざまな役割を担った人々の活動によってつくられてきました。そうした人々の地位や職業のありかたのなかには、その後、地中・・・

ファミリープログラム

小学生のいるご家族を対象にした美術を楽しむプログラムです。
所要時間は約2時間。
小学生のみの参加はできません。【予約制】
詳細は決まり次第お知らせいたします。

【本日休館日】
開館時間
10:00〜18:00
(毎週金曜日は20:00まで)
月曜休館(祝日の場合は開館)
※入館は閉館の30分前まで
※休館日は展覧会によって異なる場合がありますので、休館日カレンダーをご確認下さい。
住所
〒104-0031 東京都中央区京橋1丁目10番1号
お問い合わせ
03-5777-8600 (ハローダイヤル)
交通
JR東京駅(八重洲中央口)より徒歩5分
東京メトロ銀座線京橋駅(6番出口/明治屋口)から徒歩5分
東京メトロ銀座線・東京メトロ東西線・都営浅草線日本橋駅(B1出口/高島屋口)から徒歩5分

美術館の情報を携帯メールに送る

 

ドメイン指定受信機能をご利用の方は、受信許可ドメイン名に@bridgestone-museum.gr.jpを登録してください。
メールアドレスは、交通・開館時間・料金案内の送信目的のみに利用し、こちらで保管することはありません。

ページ上部へ